クラブ概要

チーム名称:古河ジュニアサッカークラブ(略称:古河JSC)
茨城県古河市を中心に活動しているチームです。

< 2001年4月1日 >
古河二小サッカースポーツ少年団からフットボールクラブ古河二にチーム名称変更
< 2010年4月1日 >
営利を目的としない地域クラブチームとして新たに活動開始
< 2017年4月1日 >
古河ジュニアサッカークラブにチーム名称変更
< 2017年4月24日 >
NPO法人スポーツアカデミー古河のジュニアサッカー部門として活動開始

 クラブ構成

小学生クラス
・小学校1年生~6年生にて活動
※2001年4月にJFA(日本サッカー協会)四種登録
※学区、地区、男女問わず 

キッズクラス
・幼稚園・保育園の年少~年長にて活動 
※毎週末に体験も含め、教室を開催
※学区、地区、男女問わず 

 古河ジュニアサッカークラブの基本理念

「サッカーを楽しむ」事を一番に考え、子供たちの心と身体の成長に応じた指導を行っています。
心身、特に神経系の発育発達が目覚ましい幼児~小学生年代において、多くの子供たちに身体を動かすことの爽快さや、スポーツの素晴らしさを体感してもらいながら、サッカーの普及・浸透さらには人材の育成を図ることを目指しています。
選手の意欲・想像力を高めるとともに、保護者の方にも自由に参加出来る場所を提供しています。

 古河ジュニアサッカークラブの指導理念
 指導理念

選手それぞれの特徴を尊重し、個性豊かで創造性あふれる選手を育成する。

 選手に求めること

・真剣に楽しむ。
・あいさつをしっかりする。
・コーチの話を聞く時は、コーチの顔を見て聞く。
・選手どうしで、良い行動や良いプレーを沢山褒め合う。
・サッカーの道具や用具は大切に扱い、みんなで準備、片付けをする。
・自分たちをサポートしてくれる人達に感謝の気持ちを忘れない。

 コーチスタッフと選手の関係

・上意下達的な一方通行な関係にならずに、同じチームの仲間の一員としてコミュニケーションをとる。
・選手に対して奉仕者の精神を忘れずに(プレイヤーズファーストの徹底)。
・答えを直接教えるのではなく、選手に考えさせて、答えがでるまでの過程を共有できる関係を作る。

 エンブレム・ロゴ

・古河市の木「欅(けやき)」そして、市の花「ハナモモ」をモチーフにしたクラブエンブレム。
・颯爽と駆け抜ける躍動感をイメージさせるチームロゴ。
~可愛さと力強さの両方を備え、逞しく育って欲しい思いが込められています。~

 ユニフォーム

Kspジャパンの協力による、「可愛さ」「力強さ」を備えたデザインのユニフォームを選手は着用します。